このところ、東京、神奈川、埼玉、千葉などの関東方面からのお問い合わせ、ご相談、申請手続きのご依頼が増加しております。

つい先日も、東京入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請をしてきました。

そのときの弊所で処理させていただきた申請受付票は下記です。(個人情報部分は黒塗りです。)

 

 

関東方面から多いお問い合わせの種類

弊所で承る関東方面からのお問い合わせで多いのは、次のようなものです。

 

留学ビザ全般

留学生、大学の国際交流センター、その他教育機関などのお客様から在留資格『留学』に関するご相談とご依頼が最近増加傾向にあります。

具体的には次のようなご相談とご依頼で、弊所では既に大阪入国管理局管内での成功実績は多数あります。

1 留学生の留年などのトラブルによる更新申請における資料提出通知書対応、理由書の作成のご相談とご依頼。

2 出頭通知書などの対応及び同行のご相談とご依頼。

3 留年・成績不良などが原因で更新不許可で一旦帰国後に、復学を目指すために在留資格認定証明書交付申請(通称;新規呼び寄せ)手続きなどのご相談とご依頼。

※ 大学によっては、認定証明申請は、初回の入学時のみ対応可とするところも結構あるため、弊所にご依頼されるお客様も多いです。

※ 具体的な実績としては、東京都内、大阪府内、京都府内にある有名大学の国際交流センター、母国へ帰国された留学生、弊所との間でメール+郵送(署名+押印書類の受け渡し)などのサイクルの中で申請を実行して、認定証明が取れた実績があります。

 

経営管理ビザ全般

弊所では特に、日本での人脈などがほとんどない方で、短期滞在(通称;観光ビザ、旅行ビザ)で来日された方で、不動産などを購入されて、日本での起業をお考えの方からのご依頼が多いです。

具体的には、経営管理ビザは会社設立未了でも弊所なら可能!! をご覧ください。

特に、外国人の起業(会社設立)において障壁となる、本店所在地となる事務所の問題、印鑑証明(サイン証明)、資本金の預け入れ口座の問題なども適法に実行するアイデアとノウハウは随一と思います。

 

 

その他

その他、家族滞在、就労ビザ(技術・人文知識・国際業務)など在留資格関連もご相談、ご依頼、受入コンサルなども可能です!!

 

弊所はこのような事案の実務ノウハウが蓄積されておりますので、適切に対応することが可能です!!

高い許可率実績でしっかりサポート!!

 

お問い合わせ方法

TEL(お電話)

電話番号をタップするとつながります。

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

お電話で不安を解消!!

お気軽にお電話ください!!

高い許可率実績でサポート!

行政書士いこま法務事務所

入国管理局届出済申請取次行政書士だから安心!!

facebook、WeChat

必ずメッセージをお願いします!!

【facebookでの連絡先】下記をクリックするとメッセンジャーが開きます。

facebook 行政書士いこま法務事務所宛てのメッセージ

【WeChatでの連絡先】下記のIDを検索、申請してください。

WeChat ID nobuoikoma

WeChat上での名称 生駒信雄@VISA行政書士