理由書のひな形や例文をそのまま使うのは危険です

インターネット上には多くの情報があります。

 

入国管理手続きについても同様です。

 

例えば、入管手続きに関しては、理由書のひな形、例文などもあるようですが・・・

 

これらをそのまま利用することは危険です。

 

なぜなら・・・

 

ひな形をそのまま使ってはいけない理由

 

理由書には、希望する在留資格、その外国人の状況などの個別事情に則した【本当の現実】、【本当の理由】などを記載しなければならないからです。

 

ゆえに、画一的な理由書は役に立たないのです・・・それに入国管理局の審査官は日々多くの理由書を目にしているので、ひな形そのままのものはスグに看破してしまいます。ぜひお気をつけください。

 

そこで例えば・・・外国人を採用・雇用する場合の雇用理由書については、

◆ 本当の業務内容

◆ 本当の雇用理由

などに基づいて、外国人を雇用する本当の理由を記載します。

 

つまり、外国人を雇用する受け入れる会社、機関によって、業務内容、環境、理由は様々で異なるからです。

 

ですから、ひな形や例文そのままを使って書くことは全く無意味で・・・

 

下手をすれば、虚偽申請と認定されます。

 

たとえ、嘘の申請をするつもりはなくても、事実と異なる理由書や説明書は、事実と異なるので虚偽だからです。

 

また、入国管理局は、外国人の入国管理の審査主体としてプロフェッショナルです。(当たり前ですが・・・)

 

 

ですから、カンタンにひな形や例文などを利用してチャチャッと作成した理由書や説明書などはスグに見抜きます・・・入国管理手続きの審査を日々ずっとやっているわけですから当たり前ですね。

 

そして、怪しいと思った申請については、入管は必ず資料提出通知を発行して、更に改めて理由や詳細な説明を求めてきます。

 

そこで、更に適当な嘘の事実や理由を並べても・・・ドツボにハマリ最悪で、しかも前言撤回すればスグに元々の申請が虚偽と判断されて後々の手続きが余計に困難になります。

 

ですから、理由書は初めに作成する段階から、正確な事実と真実に基づいて、雇用理由を的確に記載し、法律上の資格該当性があることを主張するように記載するにしてください。

 

また、弊所サイトには、理由書に関するトピックも多いです。次のリンクも是非参考にしてください!!

理由書の必要性

雇用理由書はなぜ必要?

 

お問い合わせ方法

TEL(お電話)

電話番号をタップするとつながります。

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

お電話で不安を解消!!

お気軽にお電話ください!!

高い許可率実績でサポート!

行政書士いこま法務事務所

入国管理局届出済申請取次行政書士だから安心!!

facebook、WeChat

必ずメッセージをお願いします!!

【facebookでの連絡先】下記をクリックするとメッセンジャーが開きます。

facebook 行政書士いこま法務事務所宛てのメッセージ

【WeChatでの連絡先】下記のIDを検索、申請してください。

WeChat ID nobuoikoma

WeChat上での名称 生駒信雄@VISA行政書士