入管VISA専門行政書士 京都市伏見区 高許可率とスピード対応 TEL075-611-9755 休日夜間OK 国際結婚 経営管理 出頭対応 留学生の留年対応 理由書・事情説明書の作成に定評があります!WeChat facebook対応OK

理由書の必要性

  • HOME »
  • 理由書の必要性

初めに大切なことを書きます!!

資料提出通知書が届いた場合、理由書(事情説明書など)の提出期限は、1週間程度であることが多いので、スグに迷わず弊所などの専門家に相談することをおすすめします。

弊所は、このような事例を多数扱っており、理由書・事情説明書の作成の実績はトップクラスと自負しております!!

特に弊所は、留学生の留年対応、就労系ビザへの変更時の雇用理由、国際結婚⇒離婚⇒再婚における経緯説明などで高い許可率の実績があります。

また、弊所は、お客様と直接面談しながら(遠方の場合は、電話、facebook、WeChatなどの通話機能で話しながら)、その場で原因・経緯の整理、入管法に抵触する部分としない部分の整理、今後の展望などをまとめて理由書・事情説明書を作成することも可能です。

また、休日、早朝、深夜の対応も可能OK!(要予約)

『不安で不安でどうしようもない』ときは、ぜひ下記へお電話ください。

少しでもあなたの不安が解消できれば幸いです。

では、以下にこのような事案での対応を詳細に説明します。

理由書が必要な場合

入国管理局への在留資格・ビザ申請において、理由書などの説明書が必要な場合があります。

特に次の場合は、必須とも言えます。

※ 留学生の留年

留学生 留年でビザ更新ができない 理由書などが必要

※ 外国人の就職、採用、雇用

雇用理由書はなぜ必要?

 

なぜ理由書が必要なのか

理由書は、簡単に言えば、希望する在留資格・ビザを得るために 法律上の資格該当性 が有ることを、自ら主張・アピールするためのものです。

 

つまり、入国管理局の審査官に対して、自分が希望する在留資格を得るにあたいすることをわかってもらうための文書です。

 

ゆえに非常に大切で審査上重要な位置付けの文書です。

 

したがって、理由書に記載する内容は、希望する在留資格・ビザによって異なります

 

なぜなら、在留資格・ビザ毎に基準や条件が異なるからです。

 

つまり、理由書とは・・・

『申請人(外国人・受入機関)が、希望する在留資格を得る理由があることを、法律などの基準・条件に照らし合わせて、外国人の学歴、職歴、能力や、受入企業での業務内容などの事実状態・状況から、論理的かつ具体的に説明するためのものです。』

 

・・・ちょっと説明が長くなりましたが、理由書とは上述のようなものです・・・難しいですね・・・

 

したがって、理由書は、入管における審査において、非常に重要となります。

 

言い換えると、この理由書の内容によって、審査結果が左右されるとも言えます。

 

ここでは、1つの具体例として、外国人留学生を採用する場合について以下に書きます。

 

 

例えば、3月卒業予定の外国人留学生を4月から採用する場合の理由書について

まず、技術・人文知識・国際業務(通称;就労ビザ)においては、そもそも法令上では、理由書は予め要求されているものではないのです。

 

しかし、実際の審査の過程においては、追加資料として要求される場合が多いです。したがって、申請時に提出するのがベストです。(どうせ追加資料提出通知が来るのですから・・・)

 

つまり、入国管理局は、審査の過程で、次の2点が知りたいのです。

① 【内定した外国人留学生が勉強してきた内容(学部・学科・コース・取得科目など)】【入社後の業務内容】との整合性

② 【なぜ?外国人留学生を雇用する必要があるのか?】

 

つまり、入国管理局は、【留学生の能力】と【雇用の必要性】から【資格該当の理由】が有るのか、無いのか?を判断したいと考えております。

 

つまり、入管法上の資格該当性を有無を、理由書から判断したいのです!!

 

したがって、この資格該当性の主張を軽視、無視した理由書は意味がありません!!

 

そこで、これらを説明した書類として次の書類を提出する必要があります。

・雇用理由書

・業務内容説明書

・説明書

・理由書

・・・書類の名称は何でも良いですし、これらを1つの書類としてまとめて記載しても良いです。つまり、理由書等に決まった様式はありません。

大事なのは、法律上の資格該当性が有るのか、無いのかが判断できる文書です!!

 

ウソの理由書は絶対にダメ!!

なお、この理由書でよくある誤解ですが・・・

 

外国人留学生を採用・雇用する企業側としては、次のように思われるかもしれません。

『そもそも、その留学生がスゴク良い子だから採用しただけで、特に理由はない・・・』

『なんで、いちいち雇用理由を入管へ・・・』

『だから、理由書は適当に書いて出せばいいや・・・』

 

これらは、もちろんダメです。

 

というか・・・ウソの業務内容や説明をすることは、虚偽申請となってしまうので絶対にダメです。

 

また、インターネット上の理由書や説明書のひな形、例文をそのまま利用することもキケンです!!

⇒ 詳細はコチラ 理由書のひな形や例文をそのまま利用してテキトーに作成するのは危険です!

 

理由書の作成には経験が必要

以上より、理由書は、審査場かなり重要な書類となります。

 

したがい、実際に理由書を作成するには、それなりに経験が必要とも言えます。

 

弊所は、この理由書の作成で、みなさまより好評を得ております。

 

ぜひ、ご利用ください!!

 

弊所は、このような事案のノウハウの蓄積ありますので、適切に対応することが可能です!!

 

高い許可率実績であなたをしっかりサポート!!

 

お問い合わせ方法

TEL(お電話)

電話番号をタップするとつながります。

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

お電話で不安を解消!!

お気軽にお電話ください!!

高い許可率実績でサポート!

行政書士いこま法務事務所

入国管理局届出済申請取次行政書士だから安心!!

facebook、WeChat

必ずメッセージをお願いします!!

【facebookでの連絡先】下記をクリックするとメッセンジャーが開きます。

facebook 行政書士いこま法務事務所宛てのメッセージ

【WeChatでの連絡先】下記のIDを検索、申請してください。

WeChat ID nobuoikoma

WeChat上での名称 生駒信雄@VISA行政書士

電話無料相談OK!! TEL 075-611-9755 休日・夜間の対応可能!
WeChat対応OK ID nobuoikoma
入管VISA専門 行政書士いこま法務事務所
〒612-8052 京都市伏見区瀬戸物町748

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行政書士 生駒信雄

行政書士 生駒信雄
行政書士いこま法務事務所の生駒です。
入国管理局へのビザ・在留資格申請で多数の実績があります。
国際結婚をされる方、外国人雇用を考えておられる企業様、就職予定の留学生、日本で起業を考えておられる方々のために全力でサポートさせていただきます。
私は、入国管理局届出の申請取次者ですので、安心してご依頼ください。

スポンサードリンク




  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 行政書士いこま法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.