就職活動のための特定活動ビザについては、下記リンクに詳細な説明をしております。併せてご覧ください。

就職活動のための『特定活動ビザ』について

弊所はノウハウがありますので、適切に対応することが可能です!!

高い許可率実績でしっかりサポート!!

まずはお電話で不安を解消!!

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

行政書士いこま法務事務所

⇒ 入国管理局届出済申請取次者が在籍だから安心!!

 

事例詳細

留学生が、就職先が決まらないまま3月下旬に大学を卒業。

※ ただし【留学】の在留期限は、7月下旬まであるケースとします。

 

この状態で、4月上旬から就職活動を開始(or卒業前から継続)したが、

なかなか決まらず、7月下旬の【留学】の在留期限を前に【特定活動】へ変更申請したが、

入管から3月下旬の卒業時から現在までの経緯説明をするよう求められた。

問題点

この場合、そもそも大学卒業と同時に【留学】の在留活動をしていない状態となるので、

入管法22条の4の取消対象となる恐れがある。(継続して3カ月以上【留学】の活動をしていない)

 

つまり、この3カ月間は、資格外活動をしていたこととなり、非常にマズイ状態。

 

したがい、就職先が決まらないまま卒業した場合は、速やかに就職活動目的の【特定活動】に変更することが望ましいです。

 

弊所は、このような事案のノウハウの蓄積ありますので、適切に対応することが可能です!!

私どもと一緒に解決しましょう!!

まずはお電話で不安を解消しましょう!!

TEL?075-611-9755

休日夜間OK!!

行政書士いこま法務事務所

⇒ 入国管理局届出済申請取次者が在籍だから安心!!