弊所はノウハウがありますので、適切に対応することが可能です!!

高い許可率実績でしっかりサポート!!

まずはお電話で不安を解消!!

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

行政書士いこま法務事務所

⇒ 入国管理局届出済申請取次者が在籍だから安心!!

事例詳細

京都の大学を3月下旬に卒業するため、2月上旬に入管へ変更申請をした。

内定先が大阪なので4月からは大阪に住む予定で、

現在の京都の下宿の解約は契約上1ヶ月以上前にする必要もあるため、

2月下旬(上記変更申請後)に下宿先を引き払い、

スグ近くに住んでいる後輩の留学生のところで1ヵ月ほど居候をさせてもらうことにした。

しかし、変更申請は解約前の下宿先を連絡先住所としていたため、

入管からの許可通知ハガキに気付くことができず、

入管から携帯電話に直接連絡が入ったので、

引っ越しした旨を伝えたところカナリ怒られた。

 

問題点

変更申請中の住所変更、海外渡航は原則しない方が良い。

しかし、やむ得ない場合、変更申請時にその旨を記載した書類等を提出するなどの配慮が必要。

弊所はノウハウがありますので、適切に対応することが可能です!!

高い許可率実績でしっかりサポート!!

まずはお電話で不安を解消!!

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

行政書士いこま法務事務所

⇒ 入国管理局届出済申請取次者が在籍だから安心!!