京都は、現在多くの外国人観光客であふれてます。

従来のツアー、パック型の旅行スタイルから、小規模の個人レベルの旅行が急増しております。

そして、宿泊施設も大型のホテルのみならず、小規模な京町家風のゲストハウスを所望される外国人の方々が多いです。

その京町家風のゲストハウスを、外国人自らが運営することで、自国の旅行者を直接日本のゲストハウスへ呼び込むことも可能となります。

 

不動産取得+会社設立+経営管理ビザ

① 不動産の取得

② 会社設立

③ 経営管理VISA

④ ゲストハウスの運営・経営のための旅館業許可

⇒ 旅館業許可の取得も専門の建築士が、デザイン、消防、保健所、建築関係の各部署を対応して安心

 

上記のサポートを強力に推し進める体制を整えました!!

 

 

具体的に必要なこと

外国人が京都で旅館業を営むにおいて、必要となることは多岐にわたります。

それをもう少し詳しく説明すると・・・

 

① 不動産の取得・・・京町家、土地、居抜き物件

 

② 会社設立・・・在留資格『経営・管理』(通称;経営管理VISA)と旅館業許可の取得のため

 

③ 経営管理VISA・・・日本での経営活動のために必要

 

④ ゲストハウスの運営・経営のための旅館業許可

 

以上の4つの処理をほぼ同時に進める必要があります。

 

そこで、弊所はこれらを一括サポートする体制を専門家の協力で確立しました!!

 

どうぞお気軽にお問い合わせください!!

 

お問い合わせ方法

TEL(お電話)

電話番号をタップするとつながります。

TEL075-611-9755

休日夜間OK!!

お電話で不安を解消!!

お気軽にお電話ください!!

高い許可率実績でサポート!

行政書士いこま法務事務所

入国管理局届出済申請取次行政書士だから安心!!

facebook、WeChat

必ずメッセージをお願いします!!

【facebookでの連絡先】下記をクリックするとメッセンジャーが開きます。

facebook 行政書士いこま法務事務所宛てのメッセージ

【WeChatでの連絡先】下記のIDを検索、申請してください。

WeChat ID nobuoikoma

WeChat上での名称 生駒信雄@VISA行政書士