最近、ご要望が多い

外国人のための

① 不動産の取得

② 会社設立

③ 経営管理VISA

④ ゲストハウスの運営・経営のための旅館業許可

⇒ 旅館業許可の取得も専門の建築士が、デザイン、消防、保健所、建築関係の各部署を対応して安心

を強力に推し進める体制を整えました!!

 

京都は、現在多くの外国人観光客であふれてます。

 

従来のツアー、パック型の旅行スタイルから、小規模の個人レベルの旅行が急増しております。

 

そして、宿泊施設も大型のホテルのみならず、小規模な京町家風のゲストハウスを所望される外国人の方々が多いです。

 

その京町家風のゲストハウスを、外国人自らが運営することで、自国の旅行者を直接日本のゲストハウスへ呼び込むことも可能となります。

 

この場合、必要となるのは

 

 

① 不動産の取得・・・京町家、土地、居抜き物件

② 会社設立・・・在留資格『経営・管理』(通称;経営管理VISA)と旅館業許可の取得のため

③ 経営管理VISA・・・日本での経営活動のために必要

④ ゲストハウスの運営・経営のための旅館業許可

 

これらを一括サポートする体制を弊所では、専門家の協力で確立しました!!

 

どうぞお気軽にお問い合わせください!!

 

専門のWebサイトもただいま作成中です!!