現在、日本に在留中の外国人の方からのご相談で多いのは、次のようなパターンです。

① 留学 ⇒ 技術・人文知識・国際業務 (変更申請)

② 技術・人文知識・国際業務 ⇒ 経営・管理 (変更申請)

③ 現状の在留資格のまま更新 (更新申請)

④ 在留期間がある程度残っていて転職 (就労資格証明)

つまり、現在の状況や目的によって、とるべき手段と手続きが変化します。

また、単に『技術・人文知識・国際業務』・・・といっても、内定先の企業の規模・財務状況に応じて4つに区分され、区分に応じて揃えるべき書類も変化します。

ゆえに、お問い合わせいただく際は、お手元に 『 在留カード + パスポート 』 をご用意いただければ適切にアドバイスできると思います。

よろしくお願いします。